会誌『新しい歴史学のために』第294号刊行のお知らせ

2019年5月31日付で本会の会誌『新しい歴史学のために』第294号が刊行されました。
本号は「社会からみた天皇の歴史的変容」という特集を組んでいます。

田中希生/特集 社会からみた天皇の歴史的変容・・・pp. 1-2
《論説》島津毅/古代中世の葬送と天皇・上皇-君臣関係の視点から-・・・pp. 3-24
《論説》中川学/近世賀茂社の神社内争論と天皇・朝廷-社職補任をめぐる争論処置過程に注目して-・・・pp. 25-41
《論説》右田裕規/近代都市民衆の天皇実写映画の鑑賞体験・・・pp. 42-56
《論説》朴晋雨(翻訳:金津日出美)/戦後日本の歴史認識と象徴天皇制・・・pp. 57-73
《論説》富山仁貴/いま、戦後日本における地域社会運動の歴史を研究するということ・・・pp. 45-53
《時評》武井弘一/沖縄で日本近世史を教え、研究するということ・・・pp. 74-76
《時評》福島幸宏/「陵墓」公開運動の新段階・・・pp. 77-81
《書評》松浦智博/柴田純著『江戸のパスポート-旅の不安はどう解消されたか-』・・・pp. 82-87
《書評》野村玄/高野信治著『武士神格化の研究』・・・pp. 88-96
《読者の声》今西一/「特集 地域の立場から問う「明治150年」を読んで」・・・pp. 97-99
投稿のお願い・投稿規定・・・p. 100
次号予告・・・p. 101
委員会通信・・・p. 102

購入希望の方は、お問い合わせよりご連絡ください。