現在サイトリニューアル中です。会誌『新しい歴史学のために』第297号は在庫が僅少となったため販売を中断しています。

1991年(平成3年)刊行分 第202号~第204号

第204号(1991.11)
分類 著者 題名
追悼 中村哲 畏友、戸田芳実君の回想 pp.1-3
論文 保立道久 戸田芳実氏と封建制成立論争 pp.4-12
総会記事 前田禎彦 一九九〇年度活動総括および九一年度活動方針 pp.13-23
第203号(1991.5)
分類 著者 題名
論文 足立啓二 中国からみた日本貨幣史の二・三の問題 pp.1-11
論文 藪田貫 近世社会の日本的性格と「家」 pp.12-26
書評 尾崎耕司 二宮宏之他編『シリーズ世界史への問い・4 社会的結合』 pp.27-33
第202号(1991.3)
分類 著者 題名
論文 北原淳 タイの近代化をめぐるマルクス主義的歴史観 pp.1-16
研究動向 山田史郎 ラディカル・ヒストリアンとアメリカ歴史学 pp.17-21
東西南北 新納泉 世界考古学会議が問いかけること pp.22-26
東西南北 小島道裕 「中世の里シンポジュウム-今、歴史学は地域に何ができるか」に参加して- pp.27-29
声明 京都民科歴史部会委員会 湾岸戦争についての委員会声明 p.30
タイトルとURLをコピーしました