現在サイトリニューアル中です。会誌『新しい歴史学のために』第297号は在庫が僅少となったため販売を中断しています。

1999年(平成11年)刊行分 第232号~第236号

第236号(1999.10)
分類 著者 題名
論文 藤田恒春 秀吉政権下における豊臣秀次 pp.1-13
研究動向 上野輝将 戦後歴史学をいかに論ずるべきか-小路田泰直著『日本史の思想』を素材に- pp.14-28
総会記事 一九九八年度活動総括および一九九九年度活動方針 pp.28-37
第235号(1999.7)
分類 著者 題名
論文 高橋明裕 古事記の御名代観念と王統譜 pp.1-15
書評 太田幸男 足立啓二著『専制国家史論-中国史から世界史へ』 pp.16-21
書評 吉田晶 足立啓二著『専制国家史論』に対する感想 pp.22-29
第234号(1999.6)
分類 著者 題名
論文 小林丈広 公同組合の設立をめぐって-一八九〇年代の地域社会と行政- pp.1-14
研究動向 高久嶺之介 天皇がいなくなった都市の近代-小林丈広『明治維新と京都-公家社会の解体-』を素材に- pp.15-24
書評 谷川穣 上野千鶴子『ナショナリズムとジェンダー』 pp.24-30
東西南北 福島幸宏 シンポジウム「日本の古墳と天皇陵-陵墓限定公開二〇年をふりかえって-」参加記 pp.30-34
第233号(1999.5)
分類 著者 題名
論文 俣野好治 木簡にみる八世紀の贄と調 pp.1-17
学習会報告 佐藤公美 S.レナルズ「ナショナリズムとネイションの理念-近代もしくはそれ以前-」をめぐって pp.18-23
東西南北 高橋明裕 第二〇回「陵墓」限定公開・宝来城遺跡(伝安康天皇陵)見学会参加記 pp.23-27
彙報 衣川 野田泰三「室町国家論の現状と課題」 p.28
第232号(1999.3)
分類 著者 題名
論文 藤井真生 聖ヴァーツラフ崇拝にみるチェコ王権と貴族 pp.1-11
1998年度総会記事 福島在行 総会報告彙報/布川弘報告「都市社会史研究の射程」 pp.12-13
1998年度総会記事 一九九七年度活動総括および九八年度活動方針 pp.13-22
タイトルとURLをコピーしました