現在サイトリニューアル中です。会誌『新しい歴史学のために』第297号は在庫が僅少となったため販売を中断しています。

2000年(平成12年)刊行分 第237号~第240号

第240号(2000.11)
分類 著者 題名
論文 市原宏一 バルト南岸西スラヴ人の前国家的社会構造-エルベ・オーデル間東部の神殿防備定住地の分析から- pp.1-15
東西南北 伊藤啓介 歴史学入門講座参加記 pp.16-17
東西南北 萩原稔 『国民の歴史』検討会参加記 pp.17-19
総会記事 1999年度活動総括および2000年度活動方針 pp.20-30
彙報・総合研究会 福島幸宏 高木博志「近代の文化財保護行政と陵墓-皇霊と皇室財産の形成を論点に」 p.31
彙報 坂江渉 岩崎奈緒子氏「近世蝦夷地の漁場利用-幕末のニシベツ川をめぐって-」 pp.31-32
第239号(2000.7)
分類 著者 題名
論文 細川涼一 蘭郁二郎論ノート-アジア太平洋戦争下のSF小説- pp.1-14
書評 秋元せき 辻ミチ子著『転生の都市・京都-民衆の社会と生活-』 pp.15-21
東西南北 W.エドワーズ 第二一回「陵墓」限定公開について-大和高田市築山古墳の見学記録- pp.21-24
東西南北 鈴木利章 大和高田市築山古墳(磐園陵墓参考地)の見学会について pp.25-28
京奈和自動車道の平城宮跡「地下トンネル計画」の撤回を求める要望書 p.29
彙報 堀内紀彦 告井幸男「摂関期の歴史的位置づけ」 p.30
第238号(2000.6) 特集 追悼空間・国旗・史蹟
分類 著者 題名
高木博志 特集にあたって p.1
論文 原田敬一 公的追悼空間論-戦没者問題をめぐって- pp.2-11
論文 長志珠絵 政治文化としての国旗・国歌 pp.12-22
論文 福島幸宏 戦前における楠氏研究-郷土史の位置- pp.23-32
第237号(2000.3) 特集 近世日本の自他認識
分類 著者 題名
藤田明良 特集にあたって p.1
論文 若松正志 長崎における近世日本の自国イメージ pp.2-9
論文 池内敏 近世における日本と朝鮮の自他認識・ノート pp.10-20
論文 真栄平房昭 近世日本の対外観と華夷意識について-一七・一八世紀を中心に- pp.21-30
コメント 岩﨑奈緒子 池内・若松両氏の報告に寄せて pp.31-34
タイトルとURLをコピーしました