現在サイトリニューアル中です。会誌『新しい歴史学のために』第297号は在庫が僅少となったため販売を中断しています。

2005年(平成17年)刊行分 第256号~第259号

第259号(2005.9) 特集 環境史の現在
分類 著者 題名
巻頭言 水野章二 特集にあたって pp.1-2
論文 高橋学 環境史からみた中世の土地開発と災害 pp.3-8
論文 春田直紀 文献史学からの環境史 pp.9-31
研究ノート 宮瀧交二 今なぜ環境史・災害史の視点か-日本古代史の立場から- pp.32-35
平出真宣 二〇〇四年度大会シンポジウム討論要旨 pp.36-39
杉本弘幸 斎藤 慎吾氏「戦時期部落の経済問題と部落経済更生運動の展開-三重県を事例に-」 p.40
第258号(2005.8)
分類 著者 題名
論文 髙木久史 一五世紀後半明の挑揀禁令と日本大内氏の撰銭令 pp.1-10
講演 青木美智男 俳句・戯作などから読み取る時代像 pp.11-27
東西南北 寺嶋一根 二〇〇四年度歴史学入門講座参加記 pp.27-28
彙報 牧知宏 曲田 浩和氏「享保期における二条大津御為替と公金為替システム」/岡嶋 永昌氏「大和魚梁船による物流の諸相」 pp.28-29
声明 『改訂版 新しい歴史教科書』採択に反対する関西歴史学関係学会共同アピール pp.29-30
第257号(2005.6)
分類 著者 題名
論文 白木正俊 近代における鴨川の景観についての一考察-四条大橋と車道橋を中心に- pp.1-11
時事刻刻〈憲法問題と歴史研究〉 布川弘 「九条の会」京都講演会に参加して pp.18-20
時事刻刻〈憲法問題と歴史研究〉 上野輝将 「九条の会」に賛同する関西歴史研究者の名簿発表にあたって pp.20-24
東西南北 武知正晃 黄金塚古墳非公式限定公開参加記 pp.24-25
彙報 平出真宣 児島正弥「近世初期のエゾ認識-北方地理認識からのアプローチ-」 p.26
声明 資料館や博物館に対する指定管理者制度の導入に関する要望書 p.27
第256号(2005.1)
分類 著者 題名
論文 飯塚一幸 京都府自由民権運動研究の新段階-国会開設運動の始まりをめぐって- pp.1-13
論文 杉本弘幸 日本近代都市社会政策と「下層社会」研究の再構成-不良住宅地区・被差別部落・在日朝鮮人- pp.14-26
総会記事 二〇〇三年度活動総括および二〇〇四年度活動方針 pp.27-36
彙報 鍛冶宏介 伊東宗裕「歴史資料の公共化に関する問題-いかにして入手するか-」/尾立和則「歴史遺産研究センターの地域資料保全活動」 pp.37-39
彙報 松延眞介 白木正俊「歴史的景観としての京都-近代における鴨川と鴨東の景観-」 p.39
声明 丹後・山城両郷土資料館に関する要望書 pp.39-40
タイトルとURLをコピーしました