現在サイトリニューアル中です。会誌『新しい歴史学のために』第297号は在庫が僅少となったため販売を中断しています。

2015年(平成27年)刊行分 第286号~第287号

第287号(2015.10) 特集 非西欧世界の立憲制Ⅱ
分類 著者 題名
特集 小林啓治 非西欧世界の立憲制Ⅱ pp.1-2
論文 岡克彦 大韓民国の建国過程における「立憲主義」の特質-権威主義体制の出現と憲法規範- pp.3-19
論文 白木太一 ポーランドの1791年5月3日憲法とその立憲制的伝統 pp.20-36
書評 河西英通 井上勝生著『明治日本の植民地支配 北海道から朝鮮へ』 pp.37-44
書評 西村慎太郎 神戸大学大学院人文学研究科地域連携センター編『「地域歴史遺産」の可能性』 pp.45-50
研究動向 冨善一敏 近世村方文書管理史研究進展のためのノート-渡辺浩一『日本近世都市の文書と記憶』に触発されて- pp.51-56
海外通信 金津日出美 大学・人文学はどこに向かっているのか-「大学改革先進国」韓国の現場から- pp.57-60
総会記事 2014年度活動総括および2015年度活動方針 pp.61-67
委員会通信 青柳周一、坂口満宏 p.70
第286号(2015.5) 特集 前近代東アジアの国際関係・境界領域・領土
分類 著者 題名
特集 青柳周一 前近代東アジアの国際関係・境界領域・領土 pp.1-2
論文 毛利英介 契丹・北宋間における皇帝間関係の起源と論理に関する一試論 pp.3-20
論文 木村拓 朝鮮王朝の対馬認識の体系的考察-15世紀を中心として- pp.21-32
論文 森永貴子 毛皮事業から見た北東アジアと千島列島-日本・清・ロシアの領域とロシア・アメリカ会社 pp.33-47
論文 茂木敏夫 中華世界の構造と中国近代思想史の語り方 pp.48-61
研究動向 河内将芳 京都東山大仏の歴史的意義をめぐって-書評・安藤弥「河内将芳著『秀吉の大仏造立』」に接して pp.62-69
書評 佐々充昭 磯前順一・尹海東編著『植民地朝鮮と宗教-帝国史・国家神道・固有信仰』 pp.70-76
読者の声 三村昌司 「災害史研究の前進」を考える-本誌284号特集を読んで pp.77-80
委員会通信 青柳 p.82
タイトルとURLをコピーしました