現在サイトリニューアル中です。会誌『新しい歴史学のために』第297号は在庫が僅少となったため販売を中断しています。

2019年(平成31年/令和元年)刊行分 第294号~第295号

第295号(2019.10) 特集 裏からみる中華人民共和国-建国に参加しなかった人々
分類 著者 題名
特集 宮内肇 特集 裏からみる中華人民共和国-建国に参加しなかった人々 pp.1-2
論説 田中剛 「蒙疆政権」留学生からみた在日中国人社会の多様性-日本の敗戦から中華人民共和国の成立- pp.3-19
論説 関智英 「漢奸」はいかに中華人民共和国を語ったか-韓雲階・趙毓松・胡蘭成- pp.20-34
論説 若松大祐 中華民国から見た中国共産党政権-不承認から不否認へ- pp.35-51
時評 駒見一善 台湾海峡から見る中華人民共和国建国70周年-人的移動が映し出す両岸三地(中国、台湾、香港)- pp.52-55
時評 庵逧由香 韓国大法院「元徴用工」判決の歴史的意義 pp.56-60
書評 小松賢司 冨善一敏著『近世村方文書の管理と筆耕-民間文書社会の担い手-』 pp.61-67
追悼 大平祐一 井ヶ田良治先生と日本法史-井ヶ田良治先生を偲んで pp.68-72
討論の場 中村聡、渡勇輝、伊故海貴則、鎌倉祥太郎 「特集 さらに新しい歴史学をめざして」書評会 pp.73-78
研究活動通信 岡田和一郎 研究会「ドゥルーズ&ガタリと歴史学-戦争機械について」 p.79
研究活動通信 岡田和一郎 研究会「藤本仁文「日本近世国家史研究の現状と課題」」 p.80
研究活動通信 金津日出美 日韓自国史研究交流シンポジウム「共時的空間としてのアジア」 p.81
総会記事 2018年度活動総括および2019年度活動方針 p.82-90
委員会通信 岡田和一郎 p.93
第294号(2019.5) 特集 社会からみた天皇の歴史的変容
分類 著者 題名
特集 田中希生 特集 社会からみた天皇の歴史的変容 pp.1-2
論説 島津毅 古代中世の葬送と天皇・上皇-君臣関係の視点から- pp.3-24
論説 中川学 近世賀茂社の神社内争論と天皇・朝廷-社職補任をめぐる争論処置過程に注目して- pp.25-41
論説 右田裕規 近代都市民衆の天皇実写映画の鑑賞体験 pp.42-56
論説 朴晋雨 戦後日本の歴史認識と象徴天皇制 pp.57-73
時評 武井弘一 沖縄で日本近世史を教え、研究するということ pp.74-76
時評 福島幸宏 「陵墓」公開運動の新段階 pp.77-81
書評 松浦智博 柴田純著『江戸のパスポート-旅の不安はどう解消されたか-』 pp.82-87
書評 野村玄 高野信治著『武士神格化の研究』 pp.88-96
読者の声 今西一 「特集 地域の立場から問う「明治150年」」を読んで pp.97-99
委員会通信 小野塚航一 p.102
タイトルとURLをコピーしました