現在サイトリニューアル中です。会誌『新しい歴史学のために』第297号は在庫が僅少となったため販売を中断しています。

2018年の活動

2018年の活動
  • 12月15日
    (土)
    「ドゥルーズ&ガタリと歴史学-戦争機械について-」

    報告 大島佳代「ドゥルーズ&ガタリと歴史学-戦争機械について-中世前期の内乱・武士・「いきほひ」から」
    報告 岡田和一郎 「「戦争機械」論は〈遊牧-「中国」〉史に何をもたらすか」
    報告 田中希生「ドゥルーズ=ガタリと歴史学-ふたたび革命を思考するために-」
    司会 渡辺恭彦
    会場/参加者 京都府立大学稲盛記念会館2階会議室/約10名

  • 10月27日
    (土)
    日韓自国史研究交流シンポジウム「共時的時空間としての東アジア」

    当日のプログラムはこちら
    会場/参加者 立命館大学衣笠キャンパス 清心館407号/

  • 10月6日
    (土)
    2018年度歴史科学協議会大会準備報告会

    報告 大内照雄「米軍基地下の京都-占領から日米安保体制へ-」
    報告 田浪亜央江「中東における占領と復興-イスラエル建国とイラク、そして日本-」
    司会 小林啓治
    会場/参加者  キャンパスプラザ京都5階第4演習室/12名

  • 8月4日
    (土)
    ダグラス・C・ノース他著『暴力と社会秩序-制度の歴史学のために』書評会

    報告 猪原透・岡田和一郎
    会場/参加者 京都府立大学附属図書館(歴彩館2F)グループ研究室①/6名

  • 1月28日
    (土)
    研究報告会

    報告 大島佳代「中世前期における内乱と武家-奥羽地方および「将軍」の位置付けから」
    報告 八ヶ代美佳「『革命』構想からみる国家と民族-北一輝・孫文を素材に-」
    司会 岡田和一郎
    会場/参加者  ウィングス京都2階ビデオシアター室/12名

タイトルとURLをコピーしました