会誌『新しい歴史学のために』第298号刊行のお知らせ

会誌『新しい歴史学のために』

2021年6月20日付で本会の会誌『新しい歴史学のために』第298号が刊行されました。本号は特集として「中世村落史研究の過去・現在・未来」を組みました。

『新しい歴史学のために』第298号 特集:中世村落史研究の過去・現在・未来

大田壮一郎/特集 中世村落史研究の過去・現在・未来・・・pp.1-2
《論説》坂本亮太/惣村研究の現在地-日本中世後期村落史研究の新展開-・・・pp.3-20 
《論説》高木純一/戦国期機内における村と武家権力をめぐって
           -近年の細川氏・三好氏研究を手がかりに-・・・pp.21-32
《論説》熱田順/中近世移行期における地域秩序の変容と村落
          -丹波国山国地域を題材に-・・・pp.32-65
《論説》村上絢一/中世土地制度史・中近世移行期村落論・在地文書伝達論への認識-・・・pp.66-84
《論説》向井伸哉/日本学界における西洋中世村落自治の研究史(1930年代~1960年代)
           -ドイツ史学の潮流と講座派マルクス主義の間で-・・・pp.85-99
《時評》瀬戸隆博/護郷隊-少年ゲリラ兵の沖縄戦-・・・pp.100-106
《書評》麓慎一/谷本晃久『近世蝦夷地在地社会の研究』・・・pp.107-112
次号予告・・・p.113
投稿のお願い・投稿規定・・・p.114
委員会通信・・・p.115

購入希望の方は、お問い合わせよりご連絡ください。